いつのまにかに5月。
 

4月に男の子の赤ちゃんが生まれました。

予定日より1ヶ月半前に産科に検診に行ったらそのまま
大きな病院に救急車で運ばれ入院。
救急車に乗って行ってもらいます。と言われた時は、
え??なんで?私!?と突然すぎてびっくり。
なのに大きな病院に入院して4日くらいは
漫画「コウノドリ」の中に入ったみたい。
手術室も兼ねて、新生児も診察できるような個室に入院。
先生たちが何人もぞろぞろと何回も
私の様子を見にきて、今日生まれるか。明日生まれるか。
みたいな状態に。
産科に検診に行く時は終わったら三人灯で何のパスタ食べようかな♪
くらいな気持ちだったのに!

張り止めの点滴をうっても赤ちゃんが生まれてこようという力がすごく
結局入院して1週間後張り止めの点滴を外しましょうとなり
外したらその夜中に早々生まれました。早い!
(そして久々の陣痛、、やっぱり死ぬほど痛い)
赤ちゃん、よっぽど外に出たかったんだなと。

早く生んでしまうことが不安だったけど
生んだらすぐ泣いて手足をバタバタさせているのが見えて嬉しかった。
それから3週間赤ちゃん入院していましたが
今は家に帰ってきて赤ちゃんのいる生活になりました。
産後1ヶ月は安静に過ごすなんて言葉は皆無だったけど、
ようやくいろいろ慣れてきた気がする。

突然の入院で娘にはいきなり10日も会えなくなるし、
夫もすごい忙しい時期で、家のことも仕事も大変だし、
私の体も心も限界だったし、なんだかすごい2週間。
娘、よく頑張った!

突然の仕事関係の皆様にもご迷惑をおかけしてしまい
申し訳なかったです。

赤ちゃん3キロ超え、そりゃあ小さいけど
赤ちゃんの時期は一瞬なのも分かってるので
小さい時期を堪能して四人暮らしを楽しみたい。

仕事もすでにできる範囲で再開。
いろいろ頑張りすぎない程度に頑張ります!

早々2月になってしまった。
これは1月の話。朝からガレットデロワを食べるという暴君。
切り分けた瞬間フェーブ(なぜか🐢亀)を発見してしまいたのしみが減る。
近所のヨシダベーカリーのもの。食べたいなー思いながらタイミングが合わず3年ぶり。
とても美味しかった。
そして娘が麦だからこの模様にしてくれたらしい(贅沢)
素朴な麦模様がかわいい!

夫の「おうちでできるおおらか金継ぎ」(実業之日本社)が先日発売しました。
⑴もっとも伝統的なやり方で、
⑵もっとも簡略化して、
⑶もっとも体に害なく、
⑷もっとも経済的な、
の4つがオールカラーで載っています。

私の気持ちとしては「あんなに時間をつぎ込んで作ったのだからお願いだから売れてくれ!」

という気持ちがかなりありますが、研究中の技法まで(!)載せていて、

堀さんの性格が表れている丁寧かつ知識の出し惜しみもしていない

とても分かりやすい良い本だと思うのでたくさんの方に手に取って欲しいです。

金継ぎがはじめての方も、接着剤による簡易金継ぎに慣れた方など

次のステップによろしくお願いします。

 

1月1年ぶりに鹿児島に帰省したりしていました。
1月も終わる・・・・。
最近娘が水疱瘡になりお休みした。
予防接種のおかげか発疹もほんのすこし。熱もなく通常どおり元気。
雪も降り外は寒いし、雪慣れしていない私は雪にテンションも上がらず
引きこもってる間にミニノートを作ったりした。
下が娘が作ったノート。(作らせた?かなり指示をしてしまいました。。)
中ページはいろいろな顔、ボール、ぶどう、いろいろ描かれている。
下が私。
娘は「大きくなったらこれちょうだいね。思い出すから」
と言っていました。これを作ったことを思い出してくれるのか。
思い出してくれたらいいな。

ネットショップを作りました。

型染めあいうえお表と型染めすうじ表を売っています。

少しずつ増やしたい。(増やせますように。)

http://millomillomillo.stores.jp

 

あいうえお表とすうじ表は、娘が文字に興味を持ち始めて、 

楽しく覚えて欲しいなと思ったけど、 

市販のもので 好みのものがなく自分で作りました。  

どうぞよろしくお願いします。